野良ノ唄〜第二話〜

「あっ、ところでさ君の名前を教えてよ」


「名前、、私に名前なんてないわ。
ずっと独りぼっちだったもの。
必要もないわ。」


少女は溜め息混じりの声でそう呟きます。


「何を言ってるんだい?
独りぼっちなんて僕だってそうさ。
僕だけじゃない命あるものみーんなそうだよ。
僕は自分で
自分の名前をつけたよ。」


「え、自分で?」


思わず少女の頰が緩みます。


「そうさ。
それに必要ならあるよ。
今まさに僕が
必要としてるんだからね。」


妖精は屈託のない笑顔でそう言いました。